脂肪燃焼とケトン体は何日目から?【9日間ファスティング日記 ファスティング6日目】


【9日間ファスティング日記 ファスティング6日目】脂肪燃焼とケトン体は何日目から?
ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です

【9日間ファスティング日記 ファスティング6日目】脂肪燃焼とケトン体は何日目から?

こんにちは!

ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です

今回は、「脂肪燃焼とケトン体は何日目から?」というお話をさせて頂きたいと思います。

 

✅動画を視聴するメリット
◎ファスティングを行うことで何日目から脂肪燃焼が100倍になり、ケトン体が出るのかが分かる
◎ケトン体が出ることでなぜ集中力が増すのかが分かる
◎仕事がある日でもファスティングを行えることが分かり、安心してファスティングを行える

 

✅動画の信頼性
◎ファスティングによって脂肪燃焼されること、ケトン体が出ることは様々な研究で証明されている
◎すでに多くの方がファスティングを実践し、この効果を体験されている

 

ファスティングは脂肪を100倍燃焼して、ケトン体という物質を作り脳のエネルギー源にするため、糖質が必要なくなります。

そんな素晴らしい脂肪燃焼効果とケトン体がファスティング何日目から現れるのでしょうか?

今回の動画では、脂肪燃焼とケトン体が何日目から効果を得られるのか、また、ケトン体によって脳波が変わることで、あなたがオリンピック選手と同じ状態になれることなどをお伝えしています。

ぜひ動画をご覧ください!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

 

動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

脂肪燃焼とケトン体について

今朝体重を図ったところ、私の体重は67.8kgになっていました。

私は高校生から68kgを下回ったことが無いので、高校生から現在までで今が最低の体重を突破できたという事で、とても嬉しくなりました。

この動画を見ることで、あなたはファスティングが楽に行える理由と、ファスティング中は高い集中力やアイデアを閃く力を持つことができる理由がわかるようになります。

この内容は、3日以上のファスティングの醍醐味なので、よく聞いて頂きたい内容になります。

脂肪燃焼とケトン体は何日目から?

脂肪燃焼は大体3日目から、2日目までで肝臓の糖分(グリコーゲン)を使い切ってから、脂肪燃焼が促進され、皮下脂肪や内臓脂肪が燃焼されてきます。

脂肪燃焼されると、脂肪からケトン体という物質が分泌されます。

ケトン体は糖分が無くなったあとの主なエネルギー源となり替わり、筋肉の分解を抑えます。

そのため、3日目からはさらに身体が軽く感じるだけでなく、筋肉を維持するので基礎代謝を落とさないで済むんですね。

ケトン体が脳波を変える

ケトン体はエネルギー源になるだけでなく、脳波を変えます。

脳がα波(アルファ波)を出すようになるんですね。

アルファ波が出てる状態というのはどういう状態かと言うと、例えばオリンピック選手の競技のスタート前の精神状態のような、緊張しているけどリラックスしているような研ぎ澄まされた感じ、あの時にアルファ波が出ているといわれています。

その時のような集中力が研ぎ澄まされた状態になるということなので、ファスティング中はとても頭がスッキリして、リラックスしているけど集中力が研ぎ澄まされている、という状態になります。

それがケトン体によって脳波が変わった状態です。

アルファ波に変わっているファスティング3日目以降は気持ちがとても穏やかになります。

そのため、2日までは軽い空腹感があるのですが、3日目以降はこのような恩恵が受けられるので、ファスティングする方は楽しみにしてください。

ケトン体が満腹中枢を刺激

次に満腹中枢の説明ですが、これは脳の視床下部にあります。

ケトン体は視床下部にある満腹中枢を刺激します。

そのため、満腹感というか空腹感がなくなるんですね。

そのため、3日目に空腹感がなくなります。

空腹感が無くなると同時にアルファ波になるので、とてもリラックスした状態で体が軽く、3日目から急に楽になったというかたはとても多いです。

そのため、3日目を迎えた時に、予定では3日間だったけど、4日、5日と延長される方も少なくない割合でいらっしゃいます。

ケトン体とベータエンドルフィン

さっきアルファ波と説明しましたが、実はもう一つあって、βエンドルフィン(ベータエンドルフィン)という物質もケトン体によって脳から分泌されるのですが、これは集中力や想像力、思考力を高めると言われています。

そのため、ベータエンドルフィンを分泌されることによって、さらに集中して作業をすることができたりだとか、想像する力、イメージする力が増すことで普段より新しい発見をしやすくなります。

なので、芸術家とかアーティストなどがファスティングをするというのは、こういったところに意味があると言われています。

スポーツ選手なども同様ですね。

ですから、高い集中力や、アイデアを閃く力、深い思考力を持ちたい時などにファスティングをすることは非常に効果がある、ということになるわけです。

 

まとめ

以上のように、3日目以降は脂肪燃焼によってケトン体が分泌されて、頭がスッキリして、集中力が上がり、お腹が空かず、とっても楽になるということになります。

3日目以降は脂肪燃焼のみ起こりますので、4日目や5日目、それ以降も同じになります。

今回は「脂肪燃焼とケトン体は何日目から?」というお話をさせて頂きました。

ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功

リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ

肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる

体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決

内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り

血管や細胞を大掃除して新しく作り変え

全てを叶えるミネラルファスティング!

ファスティングについて詳しくはこちら

蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です