月別アーカイブ: 2019年8月

高血糖はダイエットの敵!甘いものの食べ方

高血糖はダイエットの敵!甘いものの食べ方

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 高血糖はダイエットの敵!甘いものの食べ方   ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です   今回は、「高血糖はダイエットの敵!甘いものの食べ方」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎太らない食べ方がわかる ◎甘い物を我慢しなくてよい食べ方がわかる ◎血糖値が脂肪を蓄えて太らせてしまう理由がわかる   ✅動画の信頼性 ◎血糖値が高いほど糖質が脂肪に変えられることは多くの研究で実証されている ◎私自身もこの食べ方に変えてから太らず甘い物を我慢しなくて済んでいる   結論からお話しすると、血糖値を上げすぎるとインスリンというホルモンによって余った糖質が脂肪に変えられて太ってしまうので、血糖値を上げすぎないようにしましょう。   間食で甘い物を食べると血糖値が急上昇するため、食物繊維を摂って血糖値が上がりにくい食後にデザートを食べましょう。 というお話です。   動画では、これらの内容を詳しく説明して、さらにどのような物が血糖値を上げて太りやすいのかをお伝えしています。   ぜひ動画をご覧ください!   動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。   高血糖はダイエットの敵!甘いものの食べ方 タイトルにあるように、高血糖、つまり血糖値が高すぎる状態になることは太ってしまいますので、高血糖の状態はダイエットの大敵と言えます。   インスリンが太らせる 血糖値が上がりすぎると、血糖値を抑えるために大量のインスリンが分泌され、インスリンが血糖値を抑えるとともに、大量の糖質を脂肪に変えて蓄積してしまう、つまり太ってしまう状態になります。   間食に甘いものは危険! これは、特に空腹時にいきなり糖質の高いものを摂ると血糖値は一気に上昇してしまいます。 ですから、10時のおやつ、3時のおやつなど、つまり間食ですね。 胃に何も入っていない状態で、間食で血糖値をあげやすいものを摂ると大量のインスリンを分泌させ、結果として大量の脂肪を作ってしまうんです。 ですから、間食では甘いものを摂りたくなりますが、ぐっと我慢する必要があります。   白い糖質は太る 血糖値は、特に精製されているもので上がりやすいです。 つまり、 砂糖 小麦粉 白米 などの、「白い糖質」と呼ばれるものですね。   白い糖質その1 「砂糖」 砂糖が使われているものは例えば お菓子 ケーキ ジュース などです。   これらには大量の砂糖が入っており、作ってみればわかるんですが、え!まだ砂糖いれるの?そんなに?というくらいの砂糖を入れこむんですね。 本当にこれは作ってみればわかりますが、そりゃあ血糖値も上がるし太るわ、と納得できます。   白い糖質その2 「小麦粉」 白い糖質の2つめは小麦粉です。 小麦粉が使われているのは、 パン ホットケーキ うどん ラーメン パスタ などですね。 小麦粉も糖質を上げやすいですが、小麦粉は太るだけでなく、含まれている成分の一つであるグルテンというものが腸に穴をあけてしまい健康被害を招きますので、日常的に食べるのは好ましくないです。   白い糖質その3 「白米」 そして白い糖質の3つめは白米ですね。 白米も血糖値を上げやすいです。 そのため、お腹が空いたときにいきなりおにぎりなどの炭水化物から食べるなどとしてしまうと、血糖値が上がって太ってしまいます。   それでも甘いものは食べたい! ですが、甘いものはやっぱり摂りたい時もありますよね? まあそれも脳が糖分に依存しているからではあるんですが、全然パンやおにぎりなどの炭水化物、あるいは甘いものなどを摂れない生活というと、かなり辛いという方は多いと思います。 実は、これらの食品を摂っても身体へのダメージを軽くする方法があります。 血糖値をなるべく上げないで食べる、食べ方ですね。   太らない甘いものの食べ方 それは、食物繊維を先に摂るということです。 食物繊維を摂ることで糖質を吸収するスピードを緩やかにしてくれますので、血糖値の上りも緩やかになります。 結果的にインスリンが分泌される量も減りますので、糖質が脂肪に変えられてしまう量を減らすことができるんです。 ですので、甘いものとか炭水化物類を食べるなら、食後がおススメということになります。 まずサラダやイモ類、海藻類など食物繊維が豊富な物を食べてから炭水化物や食後のデザートに甘いものを摂る、という順番が良いですね。 ただ、この順番を守ったからといってどれだけ食べても太るわけではもちろんありませんので、注意してくださいね。   まとめ 今回は「高血糖はダイエットの敵!甘いものの食べ方」というお話をさせて頂きました。   血糖値を上げすぎるとインスリンというホルモンによって余った糖質が脂肪に変えられて太ってしまうので、血糖値を上げすぎないようにしましょう。   間食で甘い物を食べると血糖値が急上昇するため、食物繊維を摂って血糖値が上がりにくい食後にデザートを食べましょう。   ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。   ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 回復食4日目】太らない食べ方と痩せ体質作り

太らない食べ方と痩せ体質作り【9日間ファスティング日記 回復食4日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 太らない食べ方と痩せ体質作り【9日間ファスティング日記 回復食4日目】   ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です   今回は、「太らない食べ方と痩せ体質作り」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎太る食べ方、太らない食べ方を理解し、体重をコントロールすることができる ◎間食が太るメカニズムがわかる   ✅動画の信頼性 ◎インスリンが糖質を脂肪に変換することはすでに多くの研究で実証済み   「痩せたいけどなかなか痩せられない!」と思ったことのある方に朗報です!   あなたは、知らないうちに太る食べ方をしているのかもしれません。   実は、「太らない食べ方」をすることで「痩せ体質」を作ることができるんです。   今回の動画では、太る食べ方と太らない食べ方の理由と方法をお伝えしています。   ・ダイエットしたい ・太りたくない ・糖尿病になりたくない   と思われる方は必見です!   ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。   太らない食べ方と痩せ体質作り この動画を見て頂くことで太りやすい食べ方と太りにくい食べ方を理解できますので、あなたの体重をコントロールできるようになります。 私もこの方法を知ってからは体重が大きく増えることは無くなりましたので、これは非常に有用な方法だと言えます。 一般的に太る食べ方というのは、一日の消費カロリーを摂取カロリーが上回った場合だと認識されていることが多いですが、実は食べ方にもコツがあります。 あまり知られていない事実があります。 それは、余った糖質が脂肪に変わる、ということです。   余った糖質が脂肪に変わる 例えば、チョコレートやケーキなどを食べ過ぎると、当然太りますよね? ですがそれは、カロリーの問題なのではなく、チョコレートやケーキに含まれている糖質の量が原因なんです。 甘いもの、つまり糖質の高いものを摂ったとき、血液中の糖の数値が上がります。 これが血糖値が上がった状態です。 血糖値が上がりすぎると様々な悪影響があるため、人間の身体は自動的に血糖値を下げようとします。 その血糖値を下げる働きをするのが、すい臓から出されるホルモン、インスリンです。   インスリンが多い=太る体質に インスリンは糖尿病の方が注射するお薬として知っている方も多いですよね? インスリンは糖尿病の方だけではなく、誰でも使っているホルモンなんです。 インスリンは血糖値を下げる働きをしますが、同時に血液中の糖分を脂肪に変えてカラダに溜め込む働きをします。 ですから、インスリンが大量に出てしまうと、大量の糖質を脂肪に変えてしまうため、太ってしまうんです。 インスリンがどのくらいの量出てくるか、というのは、血糖値によって左右されます。 血糖値が高ければ高いほど大量のインスリンが必要になり放出されますし、血糖値が高くならなければ過剰に分泌されることはありません。   血糖値をコントロールして痩せ体質に つまり、インスリンをできるだけ出さないような食べ方を習慣化することが太らないため、痩せ体質を作るために必要なんです。 逆に、血糖値が上がりにくいように、インスリンが大量に出ない食生活を作ると、自然と痩せていく痩せ体質を作ることができるんですね。   まとめ 今回は「太らない食べ方と痩せ体質作り」というお話をさせて頂きました。   ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。   ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 回復食3日目】リバウンドしない回復食のメニュー

リバウンドしない回復食のメニュー【9日間ファスティング日記 回復食3日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] リバウンドしない回復食のメニュー【9日間ファスティング日記 回復食3日目】   ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です   今回は、「リバウンドしない回復食のメニュー」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎ファスティングで省エネモードに入ったカラダを回復食で通常モードに戻す方法がわかる ◎回復食でリバウンドしてしまうことがなくなり、安心してファスティングをすることができる   ✅動画の信頼性 ◎すでに私のサポートしている多くの方が実践し効果を実感されている   前回の記事でファスティングにおいて回復食が一番大事なんですよ、とお伝えしましたが、その理由がもう一つあります。 それは、回復食を間違ってしまうとリバウンドする原因になってしまうからです。 ファスティングを行うと、普段より摂取カロリーが少ないため、カラダは「省エネモード」に入ります。 この省エネモードは、少ない食べ物からより多くの栄養を取りだそうとする状態。 つまり、回復食で省エネモードを上手く解除して上げないと、その後普段の食事に戻したときにリバウンドしてしまうんです。 今回の動画では、その省エネモードを上手に解除して、リバウンドを防ぐ回復食の方法とその理由をお伝えしています。 ダイエット目的もあってファスティングを行いたい方は必見の動画です! ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。 リバウンドしない回復食のメニュー 回復食を間違ってしまうと大きくリバウンドしてしまう危険性があります。 ファスティングを行うことで摂取するエネルギーが足りず、身体は飢餓状態であると判断して省エネモードという、エネルギー消費を抑えるモードになります。 省エネモードとは 省エネモードでは摂った食品からできるだけ多くのエネルギーを取り込もうとするため、いきなり普段の食事や糖質の高いものを摂ってしまうと大きくリバウンドしてしまう結果になるんです。 省エネモードを解除するには この身体の省エネモードを解除するには、糖質の少ないものから始め、1日1日できるだけゆっくりと摂取する糖質の量を普段の食事に戻していく、という方法が必要になります。 ですから私は、回復食は3日間、できれば4日間続けることをおススメしています。 通常のファスティングとの違い 通常のファスティング回復食では重湯から始まり、お粥、普通のご飯へとステップアップしていくのですが、これではリバウンドしやすい食事になってしまいます。 リバウンドしにくい回復食とは ダイエット目的の方に私がおススメしているメニューは、1日目は柔らか野菜の煮物などから始めて、2日目は薄味の味噌汁や野菜の煮物、3日目は普通の味付けの味噌汁や野菜の煮物、という風に、糖質を極力とらない食事です。 普段の食生活でも野菜を中心にして糖質を抑えることはリバウンドを防ぐことになりますし、痩せ体質を作りますのでお勧めです。 極端な糖質制限は危険! ただし、糖質制限といって全く糖質を摂らない食生活になってしまうと身体に悪影響ですので、適度な糖質摂取が必要になります。   まとめ 今回は「リバウンドしない回復食のメニュー」というお話をさせて頂きました。   ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。   ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 回復食2日目】回復食がファスティングにおいて最も大事な理由

回復食がファスティングにおいて最も大事な理由【9日間ファスティング日記 回復食2日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 回復食がファスティングにおいて最も大事な理由【9日間ファスティング日記 回復食2日目】 こんにちは!   ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です   今回は、「回復食がファスティングにおいて最も大事な理由」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎ファスティングにおいて回復食が最も大事な理由がわかる ◎回復食のコツや、腸にやさしい食べ方がわかる   ファスティングでは、回復食の期間が最も大事になることをご存知ですか?   この期間の食事の摂り方を間違えてしまうと、ファスティングが無駄になってしまうどころかカラダに悪い作用が出てしまいます。   難しくはないですが知らない方が多いですので、必ずチェックしてみてください。   これからファスティングをするかもしれない方は必見です!   ぜひ動画をご覧ください!   動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。   回復食がファスティングにおいて最も大事な理由 回復食がなぜ大事かというと、腸内環境を改善する期間だからだと覚えておいてください。 ファスティングで腸内細菌をほとんど排泄してしまって、リセットしているわけですよね。 そんな所に、腸内環境を悪くする食事、例えばお肉や、卵、牛乳などの高脂質であったり、動物性たんぱく質が多いものを摂ってしまったり、あるいは添加物などを摂ってしまうと、内臓に急に負担をかけることになりますよね。 そうすると、せっかく内臓を休めたことによって元気になったものが、急な大きい負担で全て無駄になってしまうからなんです。 そのため、この回復食は、ファスティングの全期間の中で、準備食期間、ファスティング期間、回復食期間の中で、一番大事だと言われています。 なので、腸内環境を悪くするようなものは回復食では摂らないようにしないければならない、という事ですね。   初心者の1人ファスティングは危険! また、お肉や油、甘いものなど、この時期に悪玉菌を増やすような物を摂ってしまうと、悪玉菌優位になってしまい、ホルモンの分泌異常を起こしてしまうため、病気になってしまうため、本当に回復食っていうのは大事です。 そのため、私のようなファスティングの専門家の指導を受けながら行うことがとても大事です。 ファスティング明けで油断しやすく、失敗しやすい時期になりますので、やはりサポートを受けながら行うことが大事ですね。   赤ちゃんに戻っている また、ファスティングの後は消化器が赤ちゃんの状態に戻ると言われています。 消化器というのは、食道であったり、胃や、小腸や大腸などですね、これらが赤ちゃんの状態に戻ります。 赤ちゃんはお母さんのおっぱいを卒業したら、卒乳したら、まず消化に優しい離乳食から始まりますよね。 そんな赤ちゃんが、いきなりお肉とかを食べたらどうなるか、というところなんですよね。 そういうイメージを持ってくれると良いと思います。 なので、回復食期間を間違ってしまうと、せっかく準備食やファスティング期間を頑張ったものが、全て無駄になってしまって、逆に身体を壊しかねませんので、とても注意して頂きたいと思います。   注意したい食べ方 また、食べる物も重要なんですが、食べ方も重要なので、そちらもお話しさせて頂きます。 まず、よく噛むことですね。 最低30回噛むことを意識してください。 噛むことで、唾液が出ますよね。 唾液が出ることによって食べ物を分解しやすくなることになりますし、すい臓から十二指腸に、消化酵素が多く含まれる膵液というものが沢山分泌されることになりますので、より消化を促進してくれるんですね。 そのため、よく噛むことが大事になります。   リバウンドを防ぐ よく噛むことによって、脳の満腹中枢も反応して、満腹を感じやすくなりますので、小食効果も出ることになります。 なのでリバウンドを防いでくれることにもなります。   昆布だしの整腸効果 また、もう一つポイントがあって、お粥や重湯から始められるとおもいますが、昆布だしがとってもおススメです。 昆布だしにはグルタミン酸というものが多く含まれていまして、このグルタミン酸は、腸内細菌の餌になりますので、より腸内環境を良くするものなんですね。 ですから、スッキリ大根から始まり、お粥や重湯にはぜひ昆布だしを使ってくださいね、というのはこういう理由からなんですね。   まとめ 今回は「回復食がファスティングにおいて最も大事な理由」というお話をさせて頂きました。   ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。   ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 回復食1日目】回復食の1食目はスッキリ大根から

回復食の1食目はスッキリ大根から【9日間ファスティング日記 回復食1日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 回復食の1食目はスッキリ大根から【9日間ファスティング日記 回復食1日目】 こんにちは!   ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です。 今回は、9日間ファスティング日記 回復食1日目、ファスティングが身体に起こすこと、ということで「回復食の1食目はスッキリ大根から」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎ファスティングの回復食でどのような食事をすれば良いのかがわかる ◎回復食の1食目はスッキリ大根を食べることで、なぜ宿便を出すことができるのかがわかる   ✅動画の信頼性 ◎スッキリ大根により宿便を出すことができる理由は、人間の身体の反応を利用している ◎すでに多くの方が実践し効果を実感されている   ファスティングには準備食期、ファスティング期、回復食期という3期がありますが、その中でも最も大切なのが回復食期になります。   さらに回復食の1食目は、ぜひスッキリ大根を食べて頂くことをおすすめします。   スッキリ大根を食べて頂くことで身体に溜まった宿便を出し、胆汁に溜まっている有毒物をデトックスする、最後のデトックスをすることができます。   動画では、スッキリ大根がどんな理屈で宿便を出すことができるのか、デトックスができるのかをお伝えしています。   ぜひ動画をご覧ください!   動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓     動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。   回復食の1食目はスッキリ大根から ファスティング後の回復食ですが、ほとんどの場合は重湯やお粥などを頂くことが多いです。   もしダイエット目的の方は、柔らかく煮た野菜の煮物などを頂くことが多いですね。   私も今回はダイエット目的もありますので、柔らかい野菜の煮物を頂きました。   スッキリ大根とは さてそんな回復食ですが、回復食1日目の朝だけは、スッキリ大根というものを摂って頂きたいです。   私がファスティングをサポートさせて頂いている方はほぼ全員、スッキリ大根で回復食をスタートして頂いていますね。   スッキリ大根は、昆布だしで大根を煮て、梅干をつけて食べて頂くものになります。   昆布だしの味しかついていないので、通常であればほとんど風味のみに感じるものですが、ファスティング後は味覚がリセットされていますので、とても美味しく感じます。   スッキリ大根の効果 スッキリ大根を使う意味をご説明させて頂きます。   スッキリ大根はさっきお話ししたように昆布だしで大根を煮て、梅干をつけて食べて頂きますが、それぞれの食材と、組み合わせに意味があります。   昆布ですが、昆布には旨味成分のグルタミン酸が豊富に含まれています。   これは、腸内細菌の餌になります。   腸内細菌はファスティングの3日間でおよそ100万分の1にリセットされていますので、そこにグルタミン酸が入ることで、さらに腸内環境を良くするということになります。   次に大根ですが、大根は食物繊維が豊富に含まれていますので、大量の食物繊維によって腸内を一気に掃除していくことになります。   宿便とは 次に宿便についてのご説明ですが、結構勘違いされている方がいらっしゃいます。   宿便とは腸の壁、腸壁にへばりついた長年出ない便ではないんですね。   これは、医学博士の甲田先生という方が話されたことですが、腸の壁、腸壁というのはターンオーバーといって、皮膚と一緒で入れ替わりがあります。   つまり腸は生まれ変わりをするんですね。   腸は1日~3日くらいの周期で新しい細胞と入れ替わります。   剥がれ落ちた腸壁は便と一緒に排泄されるようになります。   ですから、ずっとこびりついているということはないんですね。   実際、内視鏡で腸壁を見ても、そのような便が確認されることはないんです。   しかし、宿便というのはちゃんと存在します。   宿便を出す方法 宿便というのは、右側の大腸のところに溜まりやすいと言われています。   腸は、その処理能力を超えて食べ続けると、胃腸が伸びて垂れ下がり、横に広がったりします。   このため、腸の安定性が悪くなり、癒着を起こして腸が変形し、細くなったり、捻じれたりします。そこに便が引っ掛かり、通りが悪くなることで宿便となる、と言われています。   この引っ掛かった宿便を排泄する方法がファスティングなんです。   胆汁に溜められた有毒物質 また、胆汁を排泄することも目的になります。   胆汁は、肝臓の下にある胆嚢に溜められており、食べ物を消化する際に出されて脂肪を消化・吸収しやすい形に変化させる働きをします。   この胆汁ですが、酸が強いものを摂ると、たくさん使われることになります。   酸が強いものは、例えばお肉や甘いものですね。   ではなぜ、胆汁を出す必要があるのか、ですが、胆汁というのはコレステロールが原料になります。   つまり油分ですね。   以前の動画でお話ししたように、脂肪組織の中に農薬や添加物、重金属類などが溶け込みますので、胆汁にも溶け込みやすいんですね。   この胆汁ですが、殆どが排泄されずに腸で吸収されてまた胆嚢に戻り、再利用されます。 1割が便として出て、9割は再利用されます。   つまり、胆汁というのはずっと再利用されるわけですね。   胆汁の出し方 ファスティング中は食べ物を摂らないので、胆汁は一時的に溜められていきます。   溜められたところで、梅干の酸ですね。   酸が来て胃酸が強くなることで、胆汁が大量に使われます。   そこに、大量の水を通すことで、便として一気に出すということです。   便というより水便ですね。このような目的で、回復食の始めはスッキリ大根をおススメしています。     まとめ 今回は「回復食の1食目はスッキリ大根から」というお話をさせて頂きました。   ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。   ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 ファスティング9日目】オートファジーでアンチエイジング

オートファジーでアンチエイジング【9日間ファスティング日記 ファスティング9日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] オートファジーでアンチエイジング【9日間ファスティング日記 ファスティング9日目】 こんにちは! ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です 今回は、「オートファジーでアンチエイジング」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎オートファジーという、本質的な健康と美容ができる働きを知ることができる ◎一時しのぎではないアンチエイジングを理解できる ◎生活習慣病を予防できる理由がわかる   ✅動画の信頼性 ◎オートファジーという働きは大学教授により発表された、実証されている働き ◎すでに多くの方が実践し効果を実感されている   オートファジーという働きを知っていますか? これは、体の中からアンチエイジングして、免疫機能を向上し、エネルギー生産効率を上げ、生活習慣病まで予防してくれるという、人体の奇跡の働きです。 しかし、年齢を重ねるごとに失われていってしまいますので、オートファジーの効果をずっと得るためにはある「コツ」が必要となってきます。 この動画ではオートファジーの働きと、その効果を得る方法をお伝えしています。 ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。 オートファジーでアンチエイジング 私は昨日ファスティング9日目を終えて、今は回復食1日目の朝です。 ファスティング9日終わって、体重がマイナス5キロでした。 ファスティングが進むにつれてどんどんカラダが軽くなり、集中力が増すので、仕事のやりやすさが実感できました。 今回はファスティングが身体に起こすこと、ということでオートファジーでアンチエイジングというお話をさせて頂きます。 2016年に東京工業大学の大隅教授という方がオートファジーの機能解明についての成果が認められてノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 このオートファジーですが、人のカラダって凄い働きがあるんだなぁととても感動する働きを持っています。 あなたも、この動画を見終わった後ではオートファジーの素晴らしい効果を手に入れたいと思うようになるはずです。 オートファジーとは オートファジーというのは、簡単に言えば、劣化した細胞の分解と再利用です。 37兆個とも60兆個ともいわれる、人を作っている細胞には、一つ一つ全て寿命があります。劣化した細胞は死に、また新しい細胞が誕生する、という新陳代謝が体の中で行われています。これは、細胞自体を入れ替えるという働き。 今回ノーベル賞の対象となったオートファジーですが、これは細胞の死ではありません。細胞は生きたまま、細胞の中にある劣化した部品、不良品だけを細胞内で分解し、部品に戻して使える部品は再利用する、という働きです。 オートファジーの働きを例えると この違いを例に例えると、家が劣化して自然倒壊するのを待つのか、それとも家の中の劣化した柱などを入れ替える、つまりリフォームをしてずっと機能させるか、という違いになります。 オートファジーが機能しなければ、自然倒壊した家は新しい家を作るから良いでしょうが、自然倒壊するまではずっと劣化した状態です。このような状態の家、つまり細胞が全体の多くを占めている場合どうなるでしょうか?肌や髪を作っているのも細胞なので、肌や髪は荒れ、筋肉や骨は弱り、内臓などは上手く機能しなくなってしまう上、生活習慣病になりやすくなってしまうんです。 逆に言えば、オートファジーが活性化することで、肌や髪質が劇的に改善し、骨や筋肉が強くなり、免疫機能を向上して細菌やウイルスから身体を守り、内臓の働きが復活して生活習慣病を予防してくれます。つまり、身体を若い状態にしてくれる、という働きがありますので、これはとても素晴らしい効果ですよね。 ミトコンドリアの修復でエネルギー効率アップ! また、オートファジーはミトコンドリアも修復することがわかっています。 ミトコンドリアは、言わばエネルギーを作り出す発電所です。栄養を摂れば必ずエネルギーになるわけではなく、このミトコンドリアが栄養を、酸素を使ってエネルギーに変えてくれる。このミトコンドリアも細胞と同じように劣化します。つまり、栄養がいくらあってもエネルギーを作り出す量が減ってしまう。そうすると疲れやすい、眠気が離れないという状況になってしまう。オートファジーでは、このミトコンドリアも作り変え。そうするとエネルギーをどんどん作り出してくれるようになるので、物凄く元気になったな、という感じがしますし、身体が軽く感じ、持久力が物凄くアップします。 オートファジーとファスティング こんな素晴らしいオートファジーですが、これを活性化させるのがファスティングなんです。 オートファジーが活性化するのは、断食を初めてから約24時間後です。それが全身に波及するのは3日間かかります。そのため、3日以上のロングファスティングが必要になるんです。 この働きは、元々人間の身体にあるものですが、年を取るごとに年々働きが弱くなっていきますので、身体を若く保つにはやはりファスティングが必須なんですね。   まとめ 今回は「オートファジーでアンチエイジング」というお話をさせて頂きました。 ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。 ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

腸内環境改善・美肌・アレルギー改善【9日間ファスティング日記 ファスティング8日目】

腸内環境改善・美肌・アレルギー改善【9日間ファスティング日記 ファスティング8日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 腸内環境改善・美肌・アレルギー改善【9日間ファスティング日記 ファスティング8日目】 こんにちは!   ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です   今回は、ファスティングが身体に起こすこと、ということで「腸内環境改善・美肌・アレルギー改善」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎ファスティングでなぜ腸内環境を改善できるか、それがなぜ美肌やアレルギー改善に繋がるのかという理由がわかる ◎カラダの中から肌を綺麗にする、根本的なアンチエイジングを理解できる ◎アトピーや花粉症、鼻炎、ぜんそくなどの改善方法がわかる   ✅動画の信頼性 ◎腸内環境が改善する効果は多くの研究で実証されている ◎すでに多くの方が実践し効果を実感されている   あなたはこのようなお悩みはないでしょうか?   ・お腹の調子が優れない、便秘、下痢などお腹の具合が悪い。 ・肌の調子が悪く、なんとか昔のような綺麗な肌に戻りたい。 ・アトピー、花粉症、鼻炎、喘息で大変な思いをしている。   これらは、全て腸内環境の悪さから引き起こされている症状です。   ファスティングでは腸内環境が一気に改善しますので、これらのお悩みが解決されますよ^^   動画では、なぜファスティングで腸内環境が改善し、肌の調子が良くなり、アレルギー症状が改善するのか、その理由をお伝えしています。   ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。 腸内環境改善・美肌・アレルギー改善 私は昨日がファスティング8日目で、現在は9日目の朝になります。   私は昨日1日仕事をして、夜はバレーに行ったのですが、運動ではカロリーを使うのでドリンクの量を増やして、筋肉を落とさないためのサプリ、アミノマキアというものがあるのでそれを1包追加してバレーをしてきました。   普通にバレーも行えましたし、このように運動も日常生活も普段通り行えるのが、このファスティングの良さだなと感じました。   この腸内環境改善は、ファスティングの肝となるところです。   腸の働きと腸内環境 まず、腸についてですが、腸はお腹の下の方に収まっている内臓なんですが、腸がどのくらい大事か、ということを理解されているでしょうか?   腸というのは、カラダで言うと根っこの部分で、栄養分を吸収する部分になります。   腸というのは、植物で言うと根っこの部分になります。   仮に植物で根っこが悪くなってしまうと、例えば腐ると、大木でも枯れてしまいますよね。   それくらい人にとっても大事な部分だと思ってください。   腸は栄養分を吸収するのですが、腸内環境を改善することで、その吸収力が増すんですね。   そのため、普段からヘルシー志向の方とか、食事に気をつけられている方、カラダに良いものを摂られているかと思いますが、この腸内環境が良くなければいくら良いものを摂ったとしても十分に吸収されないわけですよね。   なので、腸内環境改善というのは、非常に大切なことになります。   このように、栄養を吸収する機能を正常化することが、ファスティングでできるんですよ、というお話です。   腸内細菌とは 腸内環境改善なんですが、何を基準にして腸内環境が良いか悪いかを判断するか、なんですが、これは腸内細菌です。   善玉菌とか、悪玉菌とか言われている菌がありますが、そのような菌が腸の中に100兆個あると言われています。   この100兆個の中で、善玉菌と悪玉菌は勢力争いをしているんですね。   そんななかで、たとえばお肉や牛乳、卵など動物性のタンパク質が多い食品を食べたり、甘いものを食べられた場合には、それは悪玉菌の餌になりますので、悪玉菌が増えて、腸内環境が悪い状態になります。   逆に、食物繊維が多い野菜とか、発酵食品をよく摂られる方なんかは、それが善玉菌の餌となりますので、善玉菌が増えて腸内環境が良くなります。   善玉菌が優位の状態、善玉菌が勝っている状態だと、栄養を吸収しやすい状態ができます。   腸が作る免疫機能とアレルギー症状 他にも、免疫ですね、腸の役割として免疫機能の働きをする白血球を作り出す場所でもあります。   免疫機能というのは腸の働きなんですね。   そのため、腸内環境が悪い方は、アレルギー系の症状が出やすくなります。   アトピーとか、花粉症だったり、あとは鼻炎や、ぜんそくなどですね。このような症状は、この腸内環境に左右される、ということがお分かりになると思います。   あとは、肌の調子にもすごく関係します。   腸内環境と美肌 なぜ肌が腸と関係するかなんですが、肌と腸というのは、繋がっている、というのがお分かりになりますか?   腸を最後までたどると肛門に繋がりますが、では肛門の先は何かというと、肌に繋がるんですよね。   ですから、腸と肌というのは、同じものとして考えても間違いではないんですね。   なので、腸の状態と、肌の状態は一致しますよ、ということです。   腸内環境を良くすれば、肌の調子も当然良くなります。   ファスティングと腸内環境 で、ここからなんですが、なぜファスティングで腸内環境が改善するか、ですよね。   ファスティングを行うことでですね、腸内細菌は100兆個あると言いましたが、ファスティングを行うとその大部分が排出されて、1億個にまで減ると言われています。   ファスティング3日間で1億個まで減るんですね。   ほぼ全て体外に排泄してしまうんです。   そのことで、腸内環境が一度リセットされますよね。   リセットされて、それからどうするかなんですが、リセットしながらも、実は善玉菌を増やしているんです。   ファスティングドリンクは野菜や果物を発酵させたものなんですが、それを摂ることによって、乳酸菌が入っていますので、それが善玉菌の餌になって、善玉菌優位となり、腸内環境が改善するんですね。   その結果として、栄養の吸収が良くなったり、免疫力が高まって、アトピーや花粉症、鼻炎や喘息などが治ったり、肌の調子が良くなったり、という良い結果を得ることができる、というわけですね。   このようなリセットと腸内環境改善というのは、ファスティングでないとできないことです。   なぜかというと、腸内細菌は、減らしたり増やしたりできるんですが、1億個まで減らす、リセットするというのはファスティングでしかできないことなんですね。   そのため、とても効果的な方法になります。   まとめ 今回は「腸内環境改善・美肌・アレルギー改善」というお話をさせて頂きました。 ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。 ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋  続きを読む

【9日間ファスティング日記 ファスティング7日目】肺をキレイにする理由と禁煙成功

肺をキレイにする理由と禁煙成功【9日間ファスティング日記 ファスティング7日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 肺をキレイにする理由と禁煙成功【9日間ファスティング日記 ファスティング7日目】 こんにちは! ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です 今回は、「肺をキレイにする理由と禁煙成功」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎ファスティングが肺を綺麗にできる理由がわかる ◎ファスティングで禁煙を簡単に成功できる理由が分かる ◎禁煙しない方でもファスティングをするメリットが分かる   ✅動画の信頼性 ◎この理由は様々な研究で実証されている ◎すでに多くの方が実践し効果を実感されている   近年は更に大気汚染が進行し、たとえタバコを吸わない方でも肺は汚されてしまっているのが現状です。 肺が汚されているだけでなく、悪い食べ物が横行し、活性酸素という血管を傷つける物質により肺を取り巻く毛細血管も沢山傷つけられ、正常な肺の機能を失っている場合があります。 あなたは、そんな汚されてしまった肺を綺麗にする方法をご存知ですか? この動画では、ファスティングが肺や、肺を取り巻く毛細血管を綺麗にできること、そしてタバコを禁煙できる理由についてお伝えしています。 ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。   肺をキレイにする理由と禁煙成功 肺は、口から入った先に気管があり、気管支が分かれて、肺胞という細胞に繋がり、そこに非常にたくさんの毛細血管が集まっている臓器になります。   肺をキレイにできる理由 肺をキレイにするとお伝えしたのは、肺胞と毛細血管全てキレイにするということです。 肺は、空気が入るところと、血液が集まるところがあります。   以前の動画でサーチュイン遺伝子についてお話ししたのですが、これは細胞レベルで身体を修復するものでした。サーチュイン遺伝子について詳しくはこちら   あとアディポネクチンというホルモン、これは血管を掃除したり修復していく物質です。 アディポネクチンについて詳しくはこちら   これらが肺をキレイにしていってくれるんですね。   医者には無理だがファスティングなら可能 この肺の毛細血管がポイントなんですが、肺の毛細血管を全部つなぎ合わせるとどのくらいの長さになるか、ご存知ですか?   答えは、およそ500~1000kmの長さになると言われています。かなり長いですよね。   それくらい、細かく毛細血管が張り巡らされています。   これを修復するというのは、お医者さんでも無理ですよね?   でもファスティングではそれができることになります。   500~1000kmの毛細血管や、肺の、非常に多くの細胞を修復できる、というのがファスティングにしかできないことになります。   肺を汚してしまう原因 肺をキレイにする、ということなんですが、例えばタバコですね、タバコは肺を汚す原因になります。   あとは大気汚染ですね、車が走っているところは排気ガスや、PM2.5などの問題もあります。   私の住んでいる宮崎でも、非常に多くのPM2.5が計測されています。   このような大気汚染というのは、避けようと思っても避けられないものになっています。   そのため、そのようなもので汚された肺をキレイにするために、ファスティングはとても効果的なんですよ、ということです。   禁煙に成功できる理由 あとはタバコを禁煙したい方には、ファスティングはとても効果的になります。   これがなぜかというと、タバコのニコチン中毒は、3日目がピークになると言われています。   そのため、3日目の峠を越えると、タバコの依存から抜け出せると言われています。   ファスティングでは、準備食が2日間、ファスティングが3日間、回復食が2~3日間あり、その間はタバコは禁煙して頂きますので、日数的にタバコの欲求の峠を越えることになります。   ファスティング中は、1日目や2日目などは、何か食べたいな、という欲求がありますので、タバコのことをあまり考えずに済みます。   なのでその間に3日間過ぎてしまえば、もうタバコの欲求の峠を越えますので、禁煙が成功しやすいことになります。   実際、ファスティングを機会にして禁煙に成功する方はとても多いです。   なので、タバコを吸われている方は肺が当然汚れていますし、肺をキレイにしたいという目的でファスティングを行ったり、禁煙を成功したい方にもファスティングをすることがとてもおススメになります。   まとめ 今回は「肺をキレイにする理由と禁煙成功」というお話をさせて頂きました。 ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。 ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 ファスティング6日目】脂肪燃焼とケトン体は何日目から?

脂肪燃焼とケトン体は何日目から?【9日間ファスティング日記 ファスティング6日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 【9日間ファスティング日記 ファスティング6日目】脂肪燃焼とケトン体は何日目から? こんにちは! ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です 今回は、「脂肪燃焼とケトン体は何日目から?」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎ファスティングを行うことで何日目から脂肪燃焼が100倍になり、ケトン体が出るのかが分かる ◎ケトン体が出ることでなぜ集中力が増すのかが分かる ◎仕事がある日でもファスティングを行えることが分かり、安心してファスティングを行える   ✅動画の信頼性 ◎ファスティングによって脂肪燃焼されること、ケトン体が出ることは様々な研究で証明されている ◎すでに多くの方がファスティングを実践し、この効果を体験されている   ファスティングは脂肪を100倍燃焼して、ケトン体という物質を作り脳のエネルギー源にするため、糖質が必要なくなります。 そんな素晴らしい脂肪燃焼効果とケトン体がファスティング何日目から現れるのでしょうか? 今回の動画では、脂肪燃焼とケトン体が何日目から効果を得られるのか、また、ケトン体によって脳波が変わることで、あなたがオリンピック選手と同じ状態になれることなどをお伝えしています。 ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押すと、見やすいYouTubeアプリでご覧いただけます^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。 脂肪燃焼とケトン体について 今朝体重を図ったところ、私の体重は67.8kgになっていました。 私は高校生から68kgを下回ったことが無いので、高校生から現在までで今が最低の体重を突破できたという事で、とても嬉しくなりました。 この動画を見ることで、あなたはファスティングが楽に行える理由と、ファスティング中は高い集中力やアイデアを閃く力を持つことができる理由がわかるようになります。 この内容は、3日以上のファスティングの醍醐味なので、よく聞いて頂きたい内容になります。 脂肪燃焼とケトン体は何日目から? 脂肪燃焼は大体3日目から、2日目までで肝臓の糖分(グリコーゲン)を使い切ってから、脂肪燃焼が促進され、皮下脂肪や内臓脂肪が燃焼されてきます。 脂肪燃焼されると、脂肪からケトン体という物質が分泌されます。 ケトン体は糖分が無くなったあとの主なエネルギー源となり替わり、筋肉の分解を抑えます。 そのため、3日目からはさらに身体が軽く感じるだけでなく、筋肉を維持するので基礎代謝を落とさないで済むんですね。 ケトン体が脳波を変える ケトン体はエネルギー源になるだけでなく、脳波を変えます。 脳がα波(アルファ波)を出すようになるんですね。 アルファ波が出てる状態というのはどういう状態かと言うと、例えばオリンピック選手の競技のスタート前の精神状態のような、緊張しているけどリラックスしているような研ぎ澄まされた感じ、あの時にアルファ波が出ているといわれています。 その時のような集中力が研ぎ澄まされた状態になるということなので、ファスティング中はとても頭がスッキリして、リラックスしているけど集中力が研ぎ澄まされている、という状態になります。 それがケトン体によって脳波が変わった状態です。 アルファ波に変わっているファスティング3日目以降は気持ちがとても穏やかになります。 そのため、2日までは軽い空腹感があるのですが、3日目以降はこのような恩恵が受けられるので、ファスティングする方は楽しみにしてください。 ケトン体が満腹中枢を刺激 次に満腹中枢の説明ですが、これは脳の視床下部にあります。 ケトン体は視床下部にある満腹中枢を刺激します。 そのため、満腹感というか空腹感がなくなるんですね。 そのため、3日目に空腹感がなくなります。 空腹感が無くなると同時にアルファ波になるので、とてもリラックスした状態で体が軽く、3日目から急に楽になったというかたはとても多いです。 そのため、3日目を迎えた時に、予定では3日間だったけど、4日、5日と延長される方も少なくない割合でいらっしゃいます。 ケトン体とベータエンドルフィン さっきアルファ波と説明しましたが、実はもう一つあって、βエンドルフィン(ベータエンドルフィン)という物質もケトン体によって脳から分泌されるのですが、これは集中力や想像力、思考力を高めると言われています。 そのため、ベータエンドルフィンを分泌されることによって、さらに集中して作業をすることができたりだとか、想像する力、イメージする力が増すことで普段より新しい発見をしやすくなります。 なので、芸術家とかアーティストなどがファスティングをするというのは、こういったところに意味があると言われています。 スポーツ選手なども同様ですね。 ですから、高い集中力や、アイデアを閃く力、深い思考力を持ちたい時などにファスティングをすることは非常に効果がある、ということになるわけです。   まとめ 以上のように、3日目以降は脂肪燃焼によってケトン体が分泌されて、頭がスッキリして、集中力が上がり、お腹が空かず、とっても楽になるということになります。 3日目以降は脂肪燃焼のみ起こりますので、4日目や5日目、それ以降も同じになります。 今回は「脂肪燃焼とケトン体は何日目から?」というお話をさせて頂きました。 ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。 ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む

【9日間ファスティング日記 ファスティング5日目】脂肪燃焼するとデトックスできる理由

脂肪燃焼するとデトックスできる理由【9日間ファスティング日記 ファスティング5日目】

ファスティング動画ブログ

[breadcrumb] 【9日間ファスティング日記 ファスティング5日目】脂肪燃焼するとデトックスできる理由 こんにちは! ダイエット・キレイ・健康の全てを実現する蛯原式ファスティングダイエットのファスティングサポーター、蛯原孝洋です 今回は、「脂肪燃焼するとデトックスできる理由」というお話をさせて頂きたいと思います。   ✅動画を視聴するメリット ◎脂肪燃焼することでデトックスできる理由がわかる ◎脂肪の中に含まれている様々な有害物質と受ける被害がわかる   ✅動画の信頼性 ◎脂肪に有害物質つまり「毒」が溜まることは様々な研究で判明している ◎すでにファスティングでデトックスできたことで症状が改善した方が多数   脂肪の中には様々な有害物質が溶け込んでおり、その有毒物は継続的に私たちのカラダを攻撃しています。 その中にはウイルスや病原菌、生活習慣病になってしまう恐ろしい物質まで溜まっており、見過ごせない問題です。 ファスティングではこれらの有害物質をデトックスすることができ、その理由をお話ししています。 ぜひ動画をご覧ください! 動画はこちら 左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^ 動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/ ↓↓↓   動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。 できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。 脂肪燃焼によるデトックスと好転反応 私は昨日がファスティング5日目で、昨日は日曜日でしたので仕事はなかったのですが、カラダは凄く楽な状態でした。 ファスティング中は集中力が高まりますので、昨日はパソコン業務を1日行ったのですが、結構仕事が捗りましたね 。 ファスティングによってカラダの有毒物をデトックスすることで、あなたの健康をダイレクトに増進することができます。 ただし、一時的な好転反応が現れてしまう場合があります。 脂肪に溶けている有害物質 脂肪組織の中には非常に多くの有害物質が溶け込んでいます。 食品からとる農薬や、添加物、トランス脂肪酸、あるいは薬など、現代に特有の毒の多くは脂溶性毒、つまり油に溶けています。 また、ウィルスや病原菌なども潜んでおり健康を脅かしています。 さらに、有害なサイトカイン(細胞に情報を伝える物質)が溜まっており、例えば ①TNFアルファ:糖尿病になりやすくする ②アンジオテンシノーゲン:高血圧になる ③パイワン:血栓ができる などがあります。 有害物質が特に恐ろしいのは脳への影響です。 脳はほとんどが脂肪なので、脂溶性毒の被害を強く受けてしまいます。 ファスティングで細胞レベルからデトックスできる理由 ファスティングでは脂肪を100倍燃焼するようになりますので、脂肪細胞に溜め込まれた有毒物が脂肪燃焼によって血液中に放出。 ファスティング中は水分を沢山とるので、血液中に放出された有毒物は、尿や便として排出されます。 ファスティングでは、細胞レベルからデトックスすることができます。 ファスティングの脂肪燃焼は3日目から。 1・2日目は肝臓のグリコーゲンという糖分を使い、それを使い切ると体脂肪、内臓脂肪を優先して使い、脂肪燃焼によって生み出されるケトン体をエネルギー源にします。 脂肪を燃焼すると同時にデトックスを行っていくわけですね。 ファスティング中の好転反応 好転反応は、こうした有害物質=脂肪毒が血液中に放出された際に、一時的に頭痛や、気持ち悪さなどがでてくる、これが好転反応です。 つまり、一時的に血液中に毒が回っている状態。 好転反応は、日頃悪いものを食べている方、つまり脂肪毒を沢山蓄えている方がファスティングを行うと出やすいことになります。 しかし、私のサポートするファスティングでは水分をしっかり摂って頂くことと、利尿作用の強いルイボスティーを飲んでいただきますので、どんどん悪い物質を排泄するため、このような好転反応は一時的ですので、ご安心ください。 また、好転反応が出るという事はデトックスされているという目安にもなります。 好転反応は個人差が大きい この好転反応は個人差があります。 脂肪毒がたまっている方は強く出ますし、日頃から食事に気を付けている方はほとんど出ないです。 私は最初のファスティングでは3日目に気持ち悪さが少し出たくらいですね。 水分とルイボスティーをしっかり摂って、尿や便で有害物質をどんどん排泄することで一時的で治まりました。   まとめ 今回は「脂肪燃焼するとデトックスできる理由」というお話をさせて頂きました。 ファスティングにご興味のある方は、下のリンクからホームページをぜひご覧ください。 ブログをご覧頂きありがとうございました。   運動しても痩せない人でも簡単に2~3キロのダイエット成功 リバウンドせず痩せやすいカラダにチェンジ 肌や髪の質が根本改善し、年齢より若く見られる 体質改善し、花粉症やアトピー、不妊症を解決 内臓が生き返り、最高に健康なカラダ作り 血管や細胞を大掃除して新しく作り変え 全てを叶えるミネラルファスティング! ファスティングについて詳しくはこちら 蛯原式ファスティングダイエット 蛯原孝洋続きを読む